ショッピング枠現金化のカイテニ

ショッピング枠現金化は業者を使わないで自分でできる?方法とかリスクは?

クレジットカードの現金化ショッピング枠を利用して自分でやってみよう

 

 

クレジットカードの現金化は、今やお金に不自由した時のお助け人ナンバーワンとも言われています。
一昔前と違って、業者も安全に安心して利用できるようなところが増えていますので、その利用者も増えているのは事実です。
でもやはり見も知らない業者にある程度でも自分の個人情報を渡す、というのに抵抗のある人もいますね。
そんな場合、ショッピング枠を使っての現金化、自分でできないものでしょうか。

 

意外と身近な自分でやっているクレジットカードの現金化

 

 

実はこの、業者を使わないで自分でやるという現金化、無意識にやっていることが多いのです。
例えば、飲み会の幹事をやっていて、自分がまとめてカードで支払いをする、参加者からは参加費をもらう、手元に現金が入ると言うある意味の現金化もあります。
またカードで購入した品物を、使わなくなったので金券ショップなどで売る、これも現金化には違いありません。
こうした生活上でのクレジットカードでの現金化は、本当に無意識に行われているので、当人の記憶にも残らないのですが、実際によく行われていることです。
ちょっと意識的にと言うなら、現金の持ち合わせが少ないのでカードでまとめて支払うから、みんなの分は自分に現金で渡して欲しい、などですね。
これお金にちょっと余裕のない時に、使う手としては結構ポピュラーではないでしょうか。
これもまた、現金化の1つのタイプではあるのです。

 

業者を使わずに現金化をするやり方は

 

では現金化をするつもりで、カードのショッピング枠を利用して自分で行う現金化についてです。
とは言っても最終的に業者が絡んでくるのは言うまでもありません。
まず最初に、カードでの買い物です。この時に売りやすい、買い取ってもらいやすい品物を購入しなくてはなりません。
買取の人気商品としては、新幹線の回数券やブランド品などが上げられます。商品券なども、買い取ってもらいやすいですね。
これらを購入して、金券ショップなどに売る形になります。
もちろん購入金額よりは安くなりますが、業者に頼んでのクレジットカード現金化よりは換金率は高めになることが多いです。
手数料などもかかりませんし、時間的にも早く買取がしてもらえます。
買取品目として喜ばれるのは何と言っても、新幹線の回数券がトップです。
まあ売る方にとっても、かさばらず重さもないので売り買いが簡単にできるというメリットもありますね。
ただ問題としては、新幹線の回数券というもの、現金化に使われる可能性が多いということで、頻繁に購入しているとカード会社から目をつけられる危険性があるのです。
これはブランド品などでも同じことなので、あまり頻繁に自分でクレジットカードのショッピング枠を利用した現金化は、控えることをオススメしたいですね。

 

業者を使わずに自分で現金化のまとめ

 

自分で現金化をするのは、実際に換金率的にも業者を通すよりも有利なのです。
ただ問題としては、購入したものの転売になるということです。特に現金化目的での場合、購入してそれをすぐに金券ショップなどに持ち込みます。
まだカード会社への精算が済んでいない品物を売ってしまうのですから、所有権がカード会社にある品を売ることになります。
これは見つかった場合、大きなリスクになります。
それに加えてカード会社の規約には、現金化をカードを利用して行うことを禁じるという一項があるのです。
これにも違反してしまいますので、二重の意味でのリスクが有るのですね。
クレジットカードの現金化業者の場合、この辺りにリスクを抑えて現金化をしています。できれば業者を利用するほうが安全、と言っていいでしょう。

 

クレジットカードのショッピング枠現金化!その流れとか仕組みも知っておいきたい

 

ショッピング枠を利用しての現金化には2種類の方法があります。つまり仕組みもその流れも、差ができています。

 

加えて段々と業者も振り込みまでの時間短縮などの工夫をしてきているので、例えば同じキャッシュバック方式の業者でも、申込みからの流れや仕組みが多少違ってきているのも事実です。利用前に業者のサイトの説明をよく読んで理解しておきましょう。

 

クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を入手するのが、現金化と言われるものです。多くの業者がネット上に軒を連ねています。
でも初の利用の場合、一体どういった流れや仕組みで現金化されるのか、その点を知っておきたいですね。
このショッピング枠を使った現金化、2つの方法があるのでそれぞれの現金化の流れを知っておきましょう。

 

【人気の現金化業者】
ナンバーワンクレジット
24時間いつでも大歓迎で換金率最大98.8%という驚異のサービスでネットで24時間申込できます!

 

買取方式での現金化の場合

 

 

買取方式と呼ばれる現金化です。その名の通り、品物をカードで購入してそれを業者に買い取ってもらって、現金を手に入れる方法です。
申し込みをした後に業者から購入してほしい品物を提示されます。それを購入して業者に売る形になります。
実店舗を持っているこの手の業者の場合、店頭で申し込み、購入しに行く、持ち込んで買取という流れです。
持ち込みや購入には時間がかかりますが、お金の受け渡しはその場でできるので、振り込みがないとかの不安もなくて済みます。換金率もそこそこ高いのが特徴です。
ネットでの買取業者の場合、品物のやり取りがなくネット上で決済が済むのである意味面倒はありません。
申し込み、金額に応じた商品の提示、納得できたらカード決済、振り込みという手順です。実店舗での取引よりも時間と手間はかかりません。
ただ振り込みというワンクッションが入り込みます。品物自体は利用者の手に渡ることもありませんので、そうした面倒もなくて済みます。
ただ業者によってはネットでの取引でも、品物購入して送付というシステムを取っている場合もあります。時間もかかるので、これは避けたいですね。

 

キャッシュバック方式の現金化の場合

 

 

もう1つの現金化の方法は、キャッシュバック方式と呼ばれます。
これは他の買い物でもありますが、何かを購入した時にいくらのキャッシュバック付きと言う、あれと同じ感覚での現金化です。
ポイント制度も、金額は少なくても1種の現金化には違いありませんね。
このキャッシュバック方式の場合、全てネット上で手続きが完了します。
申し込み、購入商品の提示、換金率に応じての現金の振り込みで完了です。この購入品は買取方式と違って、特に価値のあるものではありません。
購入したという事実、それに対してのキャッシュバックを行ったという形式を取っているのです。
この買物した商品、送ってくる場合にはしっかりと受け取ってください。受け取った後、完全に取引完了ということになります。
すべてがネットで行われる取引なので、信用の置ける業者に申し込むことが大事ですね。
審査などはありませんが、本人確認だけは行われますので、特に新規の場合はそれに対する時間がかかることを憶えておいてください。
業者によって振り込みまでの時間は多少さがありますが、新規で30分から1時間、リピーターで5分から15分くらいが振り込みまでの平均時間です。
後このキャッシュバック方式の業者の場合特に、振り込みまでの時短など目指して手続きの流れに業者間で違いがでてきています。
サイトの説明を熟読することをオススメします。

 

ショッピング枠現金化流れまとめ

 

現状ではキャッシュバック方式のほうが安全で手早く現金化ができるとされています。
というのも、買取方式の場合まだカード会社への支払いの済んでいない品物を買取してもらうので、所有権の問題が起きる可能性があるからです。
また買取方式は、自分でショッピング枠を利用して買い物、それを業者に売るという手段も取れるのです。実際このほうが面倒がないのも事実です。
キャッシュバック方式の場合、全ての流れがネット上で行われる仕組みですので、振り込みまでの時間も早く品物がどうのという問題もありません。
ただどちらのやり方でも、カード会社の規約違反、カードを利用しての現金化は違反、に引っかかる可能性があることを記憶しておいてください。
現金化の種類、流れをよく理解しながら危険のない現金化を目指してくださいね。